上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いのち

力強い手が印象的だった。

トルコへ旅した9日間。

日本とは違う異国の地、風、人。

遠い遠い国だけどいのちだけは力強い。
どんなに小さくったて、弱くたって。

目の前にいた小さい赤ちゃんは何より強いと思ったんだ。


そんな小さな存在を抱きしめる大きな手も同じように温かい。


いのちって其処にあるだけで幸せだね。


その存在証明だけで、あったかくなれる。


トルコに行って感じた事は、いのちにはボーダーはないってこと。
自然や空や風にも、きっとボーダーなんてない。


国が違っても本質的には何も私達とかわらないんだって事がアタリマエなのに身に染みた。

photo by LOMO LC-A

消防署の近く


最近、写真を撮る回数が少し減った。
毎日の慌ただしさに忙殺されて、いつのまにか少しずつ離れていた。

久しぶりに現像に出した写真を手に取った時、胸が躍った。

言葉通り本当に、胸の底からわくわくしたんだ。

空の色の深さ。
田舎の田圃の色鮮やかさ。

デジタルカメラでは感じる事が出来なかった色に対する執着心がある。
LOMOという小さなカメラの中に、その色が詰まってた。

空ってこんなに綺麗なんだ。


こんな蒼をもっともっと見たい。


空を見上げる回数が、昨日より多くなる。
それぽっちでも幸せなんだね。


ロモが、好き。

photo by LOMO LC-A



#166ロモホームオブザウィークに受賞しました。
http://www.lomography.jp/lomography/competitions/


一週間。
でも、そんなことよりなにより。


自分にとってかけがえのないLomoのサイトに自分の名前、そして写真を残す事ができたその事がただ嬉しくて。


私の写真は特別なモノなんかでは決してないかもしれない。
ただ、大好きで。
ただ、撮っていたい。

その思いが私にとっては唯一の特別なモノ。


その大切なキモチ、ずっとずっと持っていようと思った。

photo by LOMO LC-A

« back | main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。