上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
















Christchurchの象徴ともいえるCathedral。


Cityの真ん中にあってここを毎日通ったっけ。
1年間このCityに住んでた時は当たり前のように何も思わず目の前を通り過ぎてた。
簡単に云えば、あの頃の私にとってあって当然なモノだった。


毎日生活していく中で目にしていくモノは日常に埋没していく。


それってごくごく普通のことだよね。


ニュージーにいたことなんてあの頃はもう日常だった。
其処にいることが当たり前のように感じて時間が限りなくあるような気がした。



4年が経過した今、思ったことは昔とは少し違った。

限りある時間の中でCathedralを見つめると綺麗でなんか其処にあるだけで大切な気がしたんだ。

私も普通の人間でそんなに綺麗なことばっかじゃないし埋没させてしまってる色んなモノや事がたくさんある。



でも今回こうして旅をしてみて、そういう当たり前のことが大切なんだって事を忘れないようにしようと思ったんだ。

難しいことだけど、でもそうした思いを持つ事ってすごく大事なんじゃないかなあ。

photo by LOMO LC-A


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。