上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すとーぶ

こんなストーブが小学校の頃あった。

寒い時、みんなストーブの奪い合いとかしてたりしたっけ。

ああ、コッペパンを焼いたこともあったなあ。


いつしかそのいつも私を”あたたかく”しててくれたストーブは、
エアコンとか、ガス暖房機とか、そんなモノの中に埋もれていった。


あ、そういえば給食のシチューも上にのっけてあっためたっけ。


そんな昔の思い出を偶然見つけた。

懐かしくて、たまらなくて。


決して戻りはしない記憶。


だけど残すことはできる

だから、心が震えたんだ。
だから、嬉しいんだ。

そのままストーブに手をかざして、私は暫く此の場所にいた。

photo by LOMO LC-A

スポンサーサイト

Comment


わたしもこういう懐かしいものは好きです。
ジーンときます。
でも写真で上手に撮れたことはない・・・。
ただの古道具になってしまいます。。涙

"ストーブ"って言葉もなんか味感じますよね。

Aityさんは他の写真もそうですが、
ボカし方がすごくうまいですよね。
↑えらそうにごめんなさい。
わざとそうやってるんですよね?
そこ使いこなせるようになったら、
表現したい世界も広がるんだろうなって
思うのですが、実際、カメラを構えると
どうすればいいのか、そして失敗するの
が怖くて、確実にピント合わせてしまいます・・・。

こういう写真撮りたいよーー。

>>ミーさん
ストーブ、懐かしいですよね。
ほんとに最近見かけなくなってしまって発見した時には心が躍りました!笑
小さい頃の思い出ってこんな小さなものからでもあったかく思い出せるんだなあってとても嬉しかったです^^

ボカし方。
私の場合は結構曖昧ですよ^^;
あまりボカしを意識して撮ることはないんです。結構、こんなもんかなっという直感で撮ったりしてます。
遊び心も大事かなあと思ったり。
LC-Aの場合はどんな写りになってるのかが現像してみないとわからないのでそんな楽しさを求めながら写真撮ってます☆
ボカし方って考え出すとわからないですよね(><)
写真ってほんと奥が深い!!
勉強しなきゃ~です^^;

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。