上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金魚、と聞くと夏祭りを思い出す。

祖父と手を繋いで神社の小さい道を歩いた記憶が温かい。


そんな柔らかな思い出を、持っていた。


photo by LOMO LC-A

スポンサーサイト



世界にはたくさんの色がある。

色って街中にありふれてて、其処にあることが当たり前みたい。

色って見る為だけのもの?

赤とか青とか黄色とか、

それって目で映された単純化された「色」ってカテゴリー?


最近、考えたことだけど。


色彩は世界中に沢山ある。

ただの「Color」っていう言葉じゃないよ。

そこには沢山のあたたかさがあって見るものじゃなくて感じるもの。


光にも色んな色がある。
オレンジとか赤とか青とか。

でも目を閉じればそこはまっくら。

近くの蝋燭に手をかざしてみる。


じんわり、あったかい。



そんなあったかさを「Color」だと私は思う。


世界がそんなColorでいっぱいになりますように。



Journey with Toy Camera.

12月3,4日。
「Lien le ciel 」
京都市上京区河原町通荒神口下る上生州町247
   075-256-5660
Open:am10-pm8

長い長い旅のスタート地点。

初めての写真展を開きました。

何も判らず前に踏み出して、試行錯誤の繰り返し。
それがカタチになった瞬間。


沢山の人が私達の写真展に足を運んでくれて。
色んな人との会話の中でとても刺激を受けました。


すべてのことにありがとうって伝えたい。


楽しかったです。


写真が好きです。


心からそう思いました。


みんな、ありがとう・・・!

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。