上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蒼い空がアタリマエ。

アタリマエな蒼に灰色の色彩。


なにもかもアタリマエなんて世界はない。
なのに、日々生きてることすら当然のように思えてくる日常。

歩くこと、
眠ること、
泣くこと、
笑うこと、

全部はアタリマエなようで、そうじゃないのかもしれない。

なんか、存在できるだけですごいんだ。

そんな哲学的な事を考えた。

photo by SMENA8M

スポンサーサイト


同じ空の下にいる君へ。


遠い遠い所に、君は生きていて。


環境も、時には言葉も違う世界でたった一つ同じこと。


それは同じ空の下に生まれ、生活し、生きていること。


会えなくても、
話せなくても、


空を見上げれば君に会える気がする。


この天空の何処かにきっと君は存在してるから。


ずっとずっとお元気で。


また、きっと会えると信じて私はまた空を見上げる。

photo by AGFA SILETTE



デジタルカメラが全盛期の今。

アナログカメラで写真を撮る。

このパステルカラーの蒼は、きっとアナログだからこそのもの。

時代はより新しいモノへ。
より綺麗に、より美しく見せるかが重要視されていて

本来の色の本質は一体何処に行ったのかな。

ありのままがいい。

そのままの色が良くて、驚くぐらい綺麗な色彩を私は見ていたい。

photo by LOMO LC-A

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。